配偶者が強度の精神病にかかり,回復の見込みがないこと

精神病 離婚

配偶者が重篤な病気にかかってしまい、回復する見込みがない場合・・・なかなか婚姻関係を継続させるのは難しいですよね。こういったケースは離婚をすることが可能であることが多いです。ただ簡単にはいきません。しっかり条件などを勉強して、離婚に臨まなければいけないのです。

強度(重い)精神病とは

夫婦は婚姻関係を結んだ以上、助け合い扶助していかなければいけません。これは義務です。そしてそれが「配偶者が強度精神疾患を患った」としても、同じことです。夫婦は協力し合わなければならない義務は変わりません。

ただし「回復の見込みがない精神病」に限ってはこの通りではありません。精神病が離婚原因になりうることもあります。この「回復の見込みがない」というのもはっきり定義されているわけではなく、あくまでケースバイケース。医師の診断をもとにして、裁判所が判断することなのであなたにも配偶者にも決定権はないのです。

回復の見込みがない~の部分をもう少し詳細に説明すると、「夫婦としての精神的なつながりがおろそかなり、正常な結婚生活が続行できない」とも言い換えられます。これで少しは具体的になってきたかと思います。

「重度の精神病」に該当しなく婚姻を継続しがたい理由として扱われる場合とは

前述したように離婚において重要視されることは、「回復の見込みがあるかないか」になってきます。しかし精神病でなくても離婚を請求できるケースもあるので、そちらも覚えておきましょう。

強度の精神病以外で離婚が認められる可能性について詳しく説明していきます。

アルコール中毒、薬物中毒、劇物中毒、ヒステリー、ノイローゼ

いずれも「その中毒症状のせいで結婚生活に支障をきたしている」ことが離婚するための条件になります。

医師の診断に加えて、いかにこれからの婚姻関係が継続不可能に思えるかをしっかり証拠として残しておきたいところです。日記などを書くと、証拠として認められやすいですよ!

精神病が理由の離婚は非常に難しい

ただ精神病が原因で離婚するのは、簡単なことではないのです。例え強度の精神病に配偶者が見舞われてしまったとしても、裁判所はなかなか離婚の判決を出してくれないでしょう。それは裁判所が、「離婚後の療養生活や日常生活のめどがある程度ついていないと離婚は認められない」という理念に基づいているから。

確かに病気の配偶者が離婚されて世の中に放りだされても、独りで生きていけなければ大変なことになってしまいます。強度の精神病を持っていても一人で生きられるか否か、というのも離婚判決の重要なファクターになってくるのです。

重い精神病が離婚の理由であると認められる条件とは

精神病が離婚の理由として認可される場合を、もう少し詳細に見ていきましょう。

①重い精神病

今までの判例などを参考にしてると、痴呆症(早期のもの)、麻痺が伴う痴呆、躁うつ病、初期性精神疾患などが強度精神病として認められて、離婚原因となっているようです。配偶者が植物状態、アルツハイマー病でも離婚できることもあるとのこと。

②回復の見込みなし

上記に加えて、前述したような中毒症状があれば精神病にカテゴライズされないものでも離婚理由として認められます。

③治療が長期間

治療が長期になる場合、経済的に病気でない方が支えられない場合は離婚できる可能性が高いです。つまり「夫婦共倒れ」の可能性があれば、離婚は認可されるということ。自分の経済状況もポイントになってくるのです。

④献身的な看病の有無

精神病だけでなく、肉体的に大きな障害が残るような場合も離婚できることがあります。障害を負った側が献身的な看病や今まで通りの愛情と家庭生活を求めても、配偶者が離婚を希望して最終的には離婚が認められたケースがあります。

⑤離婚後の患者の生活の見通しの有無

精神病になった側の実家が裕福、配偶者以外にサポートする人がいるなどの条件があれば離婚できる可能性が高いようです。

日常会話の出来ない配偶者との離婚裁判

会話ができない強度精神病の人間と離婚するためには、まずは家庭裁判所に「禁治産者宣告」をしてもらう必要があります。その後、後見人または後見監督人を選出してもらって、その人を被告にした離婚裁判をしなければいけないのです。

離婚した場合の慰謝料の有無や財産分与などはこの後見人と話し合って決めることになります。たいてい精神病にかかった側の親族が選出されることになるでしょう。

重い精神病にかかり治る見込みがない理由での離婚についての大切なポイント

強度精神病にかかっていたとしても、なかなか離婚に認められるのは難しいというのが現在の日本の法律です。長期戦になってしまうことは避けられないでしょう。とくに離婚後に精神病患者が一人で暮らしていけないと判断された場合には、離婚はさらに難しくなっていきます。

義理実家や配偶者の親戚関係に関しても、離婚前に把握しておくことがポイントになってくると思います。

コメントの入力は終了しました。