協議離婚

協議離婚 何

離婚に至る理由は、夫婦によっていろいろな事柄があると思います。今回は離婚方法として最も多く、約90%に及ぶ協議離婚について詳しく見ていきたいと思います。

協議離婚の問題

まず最初に、協議離婚とは何なのか。

これは夫婦がお互いに話し合い、離婚に同意し、離婚届を役所に提出することをさします。提出した書類が受理されれば離婚は成立します。これが最も一般的で、簡単な離婚方法になります。しかし簡単であるがゆえに、後になってトラブルが多いのも協議離婚と言えるでしょう。

協議離婚に多いトラブルの原因としては、十分な話し合いをせずに離婚届を出してしまうことがあげられます。他人になってからではなかなか決められない事柄もありますし、決めるためには時間もお金もかかります。夫婦であるうちに、養育費や財産分与、子供との面会の方法を決めておくことが求められています。

協議離婚を穏便に進めるコツ

養育費や財産分与などのお金の問題を解決し、円満に離婚できることが理想だと思います。子供がいる場合はなおさら強く思うことでしょう。

しかし相手に浮気があった場合などは、なかなか穏便に離婚の話し合いが進められるとは限りません。話し合いに取り合ってもらえず、声を荒げられた場合など怖くなって自分の主張をしっかりできない場合もあるでしょう。カッとなって離婚を切り出すような真似はせず、穏便に離婚するためには何よりも準備が必要になります。

(1)事前にしっかり準備する

たとえば離婚後の生活設計ができていない場合、まだ切り出すのは早計と言えるでしょう。相手の浮気が原因で離婚を決意した場合、確かな証拠を揃えないといけません。

(2)やるべきことを紙に書き出す

何を決めなければならないのか、自分なりにまとめて紙に書き出して整理しておきましょう。慰謝料について、養育費について、財産分与について、子供との面会について、離婚後に住む家についてなど、決めておかなけばならないことはたくさんあります。相手が離婚に応じてくれない可能性も十分にありますので、それに対しても考えておきましょう。

(3)一度に全て話し合おうと考えない

離婚の話し合いは大抵の場合、長期間に及びます。一度に全てを話し合おうとせずに、お互いがリラックスしている時に少しずつ進めていくのが確かなコツになるでしょう。たとえば相手が仕事で疲れて帰ってきた後に細かいことを話し合おうとすると、気持ちが苛立ち喧嘩になってしまうことも考えられます。

(4)全て録音しておくこと

話し合いを残しておくことはトラブルを防ぐためにも必要です。現在普及しているスマートフォンの多くに、ボイスレコーダーのアプリが入っています。iPhoneには必ず入っている初期アプリになりますので、それほど気負わず録音することが出来るのではないでしょうか? 会話を録音しているとお互いに意識していれば、冷静に話し合うこともできるでしょう。

協議離婚の前に決めておくこと

離婚届に記入する前に、決めておくべきことがあります。判を捺す前に、もう一度確認しましょう。

□養育費をどうするか(子供が何歳まで、振込先まで細かく)

□慰謝料を支払ってもらう場合の金額

□子供との面接交渉権(連絡方法、年に何回か、泊まりは可能か)

□財産分与

□離婚後の戸籍はどうするか

□保険はどうするか

□現在住んでいる家はどうするか

協議離婚で決めた約束事は文書に残そう

離婚の話し合いが終わり、お互いに納得することができたら次は「離婚協議書」または「公正証書」を作成しましょう。これは後になって「そんな約束はしていない」といったトラブルが起きないように事前に作成しておく文書になります。

文書に残しておく方法としては2種類あります。離婚協議書と公正証書の2種類です。

□離婚協議書

夫婦ふたりで作成する文章。約束事を記入したものを2枚用意し、それぞれが保管すること。夫婦だけで作成することが出来るもので、後になってトラブルが起きた時に役にたつものです。

□公正証書

夫婦だけではなく、公正証人が立ち会いのとも作成する文章。ふたりだけではなく、公正証人が間に入っているため証明力が強いもの。万が一養育費の支払いが滞った場合などに、支払いを促す処置をとることができる。

離婚協議書と公正証書について

協議離婚の成立と離婚届について

協議離婚の場合、お互いが話し合って同意し、離婚届を提出すれば離婚が成立します。離婚届には証人が必要になりますが、この証人は成人していれば誰でもよく、友人でも良いことになっています。

比較的簡単に離婚届は提出することができてしまうため、提出する前にもう一度よく考えましょう。

離婚届の書き方やダウンロードについて

離婚届の不受理/勝手に離婚届を出されないための阻止方法

協議離婚は離婚届を提出して受理されれば、成立してしまいます。それは反対に言うと、「離婚届」さえ提出してしまえば離婚できてしまうことになります。もちろん離婚届を勝手に記入することは許されることではありませんが、「勝手に書かれた」ことを証明することは難しいことです。

養育費や財産分与、慰謝料の話し合いがまとまる前に勝手に離婚届を提出され、逃げられてしまう可能性もあります。もしも相手が怪しいと考えた場合、先に「離婚届の不受理」を提出しておくことも視野に入れましょう。

これは一定期間「離婚届を受け付けないでほしい」と役所に提出する書類になります。出しておけば相手が勝手に離婚届を出してしまうこともなくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする