夫が養育費・慰謝料を払わない!請求の手順と方法

離婚 養育費

離婚後の養育費に関する争いといのは、いつの時代でも起こってくることです。円満に離婚したはずなのに、養育費をちゃんと支払ってくれない・・・なんてケースもあるくらい。このようなケースでは、相手からどうやって養育費を請求すればいいのでしょうか?養育費を支払ってくれない元夫に悩んでいるOさんの体験談を中心に、養育費問題に切り込んでいきます。

体験談~Oさんの場合

「わたしはバツイチのシングルマザー、元夫との離婚の原因は性格の不一致でした。なのでどちらが有責というわけではないので、慰謝料もなしで財産分与だけの離婚。比較的スムーズにことは進んで行ったと思います。

離婚したときの娘の年齢は1歳、旦那は養育費として毎月4万円をわたしの口座に振り込むという約束をしました。わたしも旦那が希望するのであれば、月に数回娘と面会させるという約束をしたのです。

数年はしっかり養育費の振り込みがありましたが、あるときパッタリそれがなくなってしまいました。理由を電話で尋ねると、『新しく恋人ができてその彼女と結婚するかもしれないからもう養育費は払えない』とのことでした。

しかし養育費は再婚しようとなんだろうと元夫の義務ですよね?わたしは養育費を支払ってもらえない代わりに『もう娘には会わせない』と一喝。それ以降も養育費の振り込みは滞ったままです。

どうにかして養育費を元夫に支払わせたいのですが、どうすればいいのでしょうか。元夫はとくに職場が変わったり収入に変化があったわけではないようです。単純に彼女ができて、娘に払うお金が惜しくなったのだと推察しております。

養育費を滞納したので、子供と合わせなかった結果・・・

養育費の支払いが滞ったために、子供と離れて暮らす配偶者に対して面会させなくしてしまうというのはよくあることです。しかしこれは養育費をもう一度もらうためには、あまりしないほうがいい行為。子供が元配偶者と定期的に会うような機会を自ら潰してしまうと、こちらが養育費を請求する機会もなくなってしまうことになります。

子供に会いたいのならちゃんと義務を果たして欲しい、ということをあなたが直接話にいけるようにするためにも・・・元夫と子供の面会の場は奪わないようにするのが得策です。

履行勧告、命令をを行ったが未だ払ってもらえない

「履行勧告」というのは家庭裁判所から、取り決めや約束を守らない人に対して注意をしてもらうようなことを指します。裁判所を通すことによって、相手にも深刻さが伝わるので養育費を支払わない元夫に対しては、履行勧告をするようにしましょう。

ただし残念なことにあくまでも「勧告」なので、相手方が「支払いたくない」と突っぱねてしまったら終了になってしまいます。そうしたら再度こちらから養育費を払うように元夫に呼びかけるしか方法がなくなってしまうのです・・・。

強制執行を試みたが、協議離婚の口約束ではできない!

正直なところ、離婚するときに養育費に関する「公正証書契約」をしていないと支払いが滞ったときには厳しくなります。たいていは協議離婚で離婚に至ると思いますが、このとき口約束で「養育費は月○万円払うね」と決めたことは反故にしても違反にはならないのです。

公正証書を作成しておけば、養育費の支払いが発生した時点で裁判を起こして強制執行することができます。相手の財産を換金して養育費にあてたり、給料の一部を差し押さえすることも可能になります。

公正証書がない場合に養育費の滞納が起こっても、裁判を起こして支払ってもらうことは可能ですが・・・手続きがかなり面倒くさいのと時間もかかってしまうので負担は免れません。

滞納した養育費の取り立ては可能か

公正証書があれば、簡単な手続きで養育費の取立てが可能になってきます。ただ口約束や公正証書ではない一般の文書では、また新たに裁判を起こす必要があるためかなり労力を使います。そのため泣き寝入りしてしまうことも多いのです・・・。

そして一度取れなかった養育費は過去にさかのぼって請求することができません。これも覚えておきたい養育費の知識ですね。

信用できないので、この先の養育費を一括で支払ってほしい

Oさんのように元夫からの養育費の支払いが遅れた場合、「いちいち請求したくないからいっそ一括で払ってほしい」と思うような方も出てくるでしょう。しかしこれはなかなかできることではありません。申し立て自体はできないこともないですが、それを相手方が受け入れる可能性はほぼゼロに近いと思います。

やはり給料を差し押さえできるような書類作成を先にするのが、子供にとってもあなたにとってもベストな選択肢だと言えるでしょう。

給料の一部を養育費として抑えられることが確実になれば、一括で養育費を受け取らなくても生活に対する安心感は大きく変わっていきます。どのように子供を育てていけばいいのかの目処も立つでしょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする