離婚に悩んで家庭内別居|メリットと注意点

家庭内別居で離婚

夫婦生活がうまくいっていない場合、「家庭内別居」をするという家庭が増えてきています。しかし家庭内、つまり同じ屋根の下で生活しながら別居するというのはどのような状態なのでしょうか?家庭内別居が子供に及ぼす影響や、家庭内別居中の不貞行為に関しても触れていきます。

家庭内別居とは?

まず家庭内別居を選択する夫婦というのはどのような問題を抱えているのでしょうか。基本的に、夫婦生活はうまくいっていないことがほとんどでしょう。夫婦関係は破綻しているものの、様々な事情から簡単には離婚を選択できないという夫婦が「家庭内別居」の形をとるようです。

その事情というのもいろいろあって、離婚してしまうとどちらかが経済的に困窮してしまう・子供の教育上両親が揃っていないといけない・世間体から今はまだ離婚ができないなどなど・・・。夫婦の数だけ家庭内別居の理由が違う、と言ってもいいでしょう。それくらい多岐に渡ります。

さてそんな家庭内別居ですが、どのような定義付けがされているのでしょうか。家庭内別居状態の夫婦というのはほとんど会話をしません。子供の教育に関することや最低限の事務的な話はしますが、それ以外の余計な雑談だったりちょっとしたコミュニケーションなんかもなしです。

夫が正社員で働きに出ていて妻が専業主婦だった場合は、それぞれの役割をただこなすだけ。夫は生活費を稼ぎ、妻は家事をする・・・これが家庭内別居です。やっていることは同居人と変わりませんね。

スポンサーリンク

家庭内別居と仮面夫婦の違い

家庭内別居と似たような言葉で「仮面夫婦」という言葉がありますね。この両者はどのような違うがあるのか確認しておきましょう。仮面夫婦というのは、家庭内別居状態にもっと世間体を加味した要素を加えたような感じです。

家庭の外から見た時には、「あそこのうちは仲が良くていいな~」なんて思われるくらいには夫婦は仲睦まじく過ごします。ただ仮面夫婦は家庭に戻って他人からの目がなくなったときに、一気に距離を置き他人モードになっていきます。

ちなみに仮面夫婦は子供の前でも仲のいい夫婦を演じています。なので子供に精神的な負担やストレスをかけてしまうという心配は少ないです。ただ仮の姿を演じきっているため、夫婦はかなり心をすり減らして生活することになるでしょう。

このように家庭の外では(場合によっては子供の前でも)「うまくいっている夫婦」として演じきるのが仮面夫婦です。家庭内別居も世間体を気にしていることがありますが、仮面夫婦ほどではありません。家庭内別居は本当に文字のとおりで、同じ家庭にいてもお互い関与しない「別居」のような状態を指すのです。会話も最低限でほぼしませんし、子供に対してもそれを隠しません。

家庭内別居解消

家庭内別居を解消するタイミングは二つ、また元の仲睦まじい夫婦に戻るか・・・または離婚して完全に他人になってしまうかです。家庭内別居した夫婦は殆どの場合、後者を選択します。どうしても「今」離婚できない夫婦が延命するために選択するのが家庭内別居ですから、その最終終着地はやはり離婚ということになってしまうのです。

家庭内別居メリットデメリット

さてそれでは家庭内別居は夫婦間、または家庭にどのようなメリット・デメリットをもたらすのでしょうか?一般的に言われていることをまとめてみました。

<メリット>

・経済的に安定した生活が送れる

・ある程度の世間体は守れる

・ルールを決めて生活することで平穏に暮らせる

・子供といっしょにいられる

<デメリット>

・子供に精神的な負担をかける

・高齢になると相手を介護する義務が出てくる

・配偶者以外を好きになったときに足枷になる

・最低限でも会話はしなければならない

家庭内別居が及ぼす子供への影響

やはり家庭内別居中は子供への負担が大きいのがネックです。両親が家庭でまったくコミュニケーションを取らなければ、やはり子供としても察するものがありますよね。子供にも事情を話して家庭内別居をスタートさせる夫婦もいますが、やはりそれでも両親の険悪な空気を感じながら生活するのは子供にとってストレス以外の何ものでもありません。

できればお子さんのいる家庭は家庭内別居ではなく、仮面夫婦として生活することをおすすめします。それができないのであれば、完全別居や離婚という選択肢を選ぶべきではないでしょうか。

家庭内別居中の不貞行為

家庭内別居中とはいえ、法律上では夫婦関係は継続されています。なので不貞行為があった場合は、有責になってしまうので注意が必要です。離婚するとなると不貞した側が慰謝料を払うことになりますし、親権も取りづらくなります。

家庭内別居中に配偶者以外の好きな人ができてしまったとしても、それはぐっと我慢してプラトニックな関係を続けましょう。親密な仲になるためには、まずはきちんと籍を抜いて独身にならなけらばいけません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする